■ 室大谷の福井選手が道内初のU―19日本代表候補に
【2009年11月8日(日)朝刊】

「全力を出したい」と最終調整する福井しほり選手
 室蘭大谷高校女子サッカー部の福井しほり選手(18)=3年=が、U―19(19歳以下)日本代表候補に選ばれた。日本女子サッカーリーグ(Lリーグ)メンバーや大学生らが名を連ねる中、道内の現役高校生として初めての選出。福島県Jヴィレッジのトレーニングキャンプ(10〜14日)を前に、「高いレベルで自分がどれだけ通用するか全力を出したい」と意気込んでいる。

 福井選手のポジションはフォワード(FW)。小学生からエースナンバーの「10番」を背負う道内屈指のアタッカーだ。中学3年時にはナショナルトレセンU―15にも参加した。

 身長149センチと小柄ながら、状況判断の速さとボールコントロールに優れ、瞬間的なスピードを武器に1年時から室大谷女子サッカーをけん引。3年間通して国体道代表メンバーにも選ばれ、平成20年の高校サッカー選手権道大会優勝に貢献した。

 日本サッカー協会は「今年の道内大会や国体の活躍などから選んだ」という。代表候補メンバーは21人でFWは4人。ライバルを前に「持ち味のスピードを生かしたい」と抱負を語る。

 チームをすでに“引退”しているが、キャンプ直前まで後輩と調整を行っている。将来の目標は「サッカーの指導者」。今年Lリーグチームのオファーを断り、吉備国際大=岡山県=に進学することを決めた。

 夢の第一歩として「いろいろなことを吸収したい」と力を込め、「高いレベルから女子サッカー選手をサポートしていきたい」と気持ちを高めている。

 最終選考に残ると、来年7月のFIFAU―20(20歳以下)女子ワールドカップドイツ大会2010に出場する。
(粟田純樹)

【写真=「全力を出したい」と最終調整する福井しほり選手




◇ 主な地域のニュース

☆ 丸井室蘭店閉店まで2カ月余、ビル売却や雇用対策課題
☆ 地域と歩み半世紀、室蘭青健協記念式典で心新たに
☆ 社会を明るくするテーマに、室蘭で小中学生弁論大会
☆ 半値の朝市盛況、登別「ゆめみーる」1周年記念感謝祭
☆ 元気ハツラツ40周年、伊達朝野球連盟健闘たたえ合う
☆ アイデアメニューや効能学ぶ「洞爺湖そばの魅力体験」
☆ 園児の熱演で幕開け、萩野・北吉原地区文化祭
☆ 迫力ステージを披露、室蘭市民オーケストラ演奏会
☆ 日ハム 感動をありがとう、室蘭でも感謝セール始まる